冬にどんどん脂肪を燃やす「褐色脂肪細胞」を1年中活性化させる方法

痩せる

寒さが本格的になると運動不足になったり、イベント続きで食べ過ぎたりして「体重が爆上がり!」と毎年悩む人が多いもの。やっぱり冬は太りやすいと納得しがちですが、驚くなかれ暑い夏より寒い冬の方がやせやすいのです。

その理由は、「寒冷刺激で脂肪をどんどん燃やす褐色脂肪細胞が活性化するからです」とフィットアゴー!の開発者である川人将裕さん。続けて「ダイエットの救世主といえる褐色脂肪細胞を冬だけのものにしてはもったいない!」と力説。 今回は季節を問わず活発に働かせる方法を教えてもらいました。


川人 将裕

フィットアゴー!開発総指揮。世界クラスのアスリートも担当するトップトレーナー。僧帽筋の筋トレは欠かさない美姿勢男子。


体脂肪を減少させる「褐色脂肪細胞」は寒冷刺激で活性化

脂肪をどんどん燃やす褐色脂肪細胞って、どんな脂肪ですか?

そもそも脂肪は大きくわけて2つあります。白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞ですが、まったく違う働きをしています。白色脂肪細胞は体内の余分なエネルギーを皮下脂肪や内臓脂肪として蓄え、褐色脂肪細胞はエネルギーを使って体温を高め、脂肪を燃焼します。

白色脂肪細胞はダイエットの敵ですね?

何かと嫌われがちな白色脂肪細胞ですが、私たちが生きていく上で重要な存在です。 脂肪が減りすぎると抵抗力や免疫力が下がり、疲れやすくなったり、風邪をひきやすくなったりします。女性は、適度な脂肪を蓄えていないと月経が止まることもあり、女性ホルモンのバランスも悪くなり、さまざまな悪影響を及ぼします。

とはいえ、白色脂肪細胞が肥大・増加することで肥満体型へと突き進み、生活習慣病などのリスクが高まります。
近年は、白色脂肪細胞を燃焼する褐色脂肪細胞に注目が集まり、肥満の予防や治療の観点からさまざまな研究が行われています。

褐色脂肪細胞はどんな働きをしているのですか?

冬眠中のクマで説明することができます。

クマが絶食状態で長い冬眠ができるのは、体内にたっぷり貯蔵した脂肪を効率的に燃焼させてエネルギーにしているからです。このとき、脂肪を燃やす働きをしているのが、褐色脂肪細胞なのです。

脂肪を燃やす褐色脂肪細胞ががんばって働いてくれればやせますね!

1年中働いてくれればいいのですが、冬以外は残念ながら働いてくれません。冬になって「寒い」と感じると、褐色脂肪細胞の出番です。

寒さで体温が下がると、体温を上げるために褐色脂肪細胞が白色脂肪細胞をどんどん燃やします。すると、余分な脂肪は当然減るのでやせていきます。つまり冬はどの季節よりやせやすいのです。

筋トレで白色脂肪細胞が脂肪を燃やす褐色脂肪細胞に変化する!

褐色脂肪細胞は、体のどの部位にどれくらいの量があるのでしょうか?

白色脂肪細胞は全身に広く分布していますが、褐色脂肪細胞は主に首から肩・背中あたりにある僧帽筋や胸、脇腹など、上半身の限られた場所にしかありません。

量は個人差がありますが、加齢に伴って減少するため中年太りの原因になっているともいわれています。
また、年齢を問わず日本人の20%が褐色脂肪細胞の機能を発揮していないといわれています。最近では、褐色脂肪細胞の機能低下が肥満の一因になると考えられつつあります。

量を増やしたり、働きをよくしたりすることはできますか?

残念ながら褐色脂肪細胞の量を増やすことはできません。 しかし、運動することで機能していない褐色脂肪細胞を活性化することはもちろん、白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞化することができます。

どんな運動がよいのでしょうか?

なんといっても筋トレです。

筋トレをすると、筋肉から「イリシン(アイリシン)」というホルモン様物質が分泌します。イリシンは脂肪組織に働いて、白色脂肪細胞を褐色化し、脂肪燃焼を活性化する働きを持つようになるのです。
ちなみに褐色脂肪細胞はその名の通り茶色の脂肪細胞ですが、褐色化した白色脂肪細胞はベージュ細胞と呼ばれています。

余談ですが、イリシン(アイリシン)は脳にも働いて海馬(短期記憶の中枢)の機能を活性化することもわかっています。つまり、筋トレで分泌したイリシンは認知症予防にも役立つというわけです!

1年中褐色脂肪細胞が活性化するおすすめ筋トレ「川人流サイドレイズ」

脂肪を燃やす褐色脂肪細胞。冬だけではもったいない!筋トレを習慣にして、1年中活性化しましょう。全身の筋肉を使うスクワットでもよいですが、おすすめは「川人流サイドレイズ」。 褐色脂肪細胞が分布する僧帽筋を中心に刺激します。

★用意するもの:500㎖の水が入ったペットボトル

  1. 足を肩幅に開いて立ち、脇を少し開いてペットボトルを手のひらに乗せて握る。
  2. 軽く肘を曲げ、少しだけ体を前に傾ける。
  3. 肩が上がらないように注意しながら腕が円を描くように、5秒かけて持ち上げる。
  4. 腕が肩の上まで持ちあがったら1秒止める。
  5. 5秒かけて元の位置に戻す。

5回くり返す。

POINT ゆっくり上げ下げをするスロトレを意識。短時間で効果抜群!

「川人流サイドレイズ」のメリット
  • 褐色脂肪細胞活性化&ベージュ細胞増加効果で1年中脂肪を燃焼
  • ねこ背などの姿勢改善
  • 肩こり緩和
  • 基礎代謝アップ
  • たるみを撃退してスッキリ背中

コメント

タイトルとURLをコピーしました