【筋肉図鑑001】あなたの体は大丈夫?機能的な体セルフチェック

筋肉図鑑

機能的な身体とは?

機能的な身体とは、ラクに効率よく動ける身体。余計な負担がかからず疲れ知らずの身体。姿勢が美しくシェイプアップされた若々しい身体。 見た目だけでなく、新陳代謝や血液、リンパの流れがスムーズで内側も健康な身体。

体幹の安定

体幹の筋肉を鍛え、肩関節や股関節などの動きに適した関節の可動性を促す体幹の安定性をつくる。手足を効率的に動かせる。

バランス力

不安定な姿勢でも肩関節や股関節などを動かしていけるようにバランス力を鍛える。

運動連鎖

各関節をきちんと動かし、筋肉をうまく連動できるようにすることが大切。

機能低下はなぜ起こる?

パソコンやスマートフォンなど便利になった現代では、運動不足や偏った身体の使い方をするようになりました。こうした間違った身体の使い方が積み重なり、機能が衰えてしまうのです。
つまり、誰もがラクに効率よく動ける機能を持っていながら、知らず知らずのうちに機能低下を引き起こしているのです。

機能が低下するとどうなるの?

  • 姿勢がゆがむ
  • ケガをしやすくなる
  • 腰痛・肩こりなどの不調が増える
  • 疲れやすく慢性疲労にも
  • 肥満や生活習慣病予備軍に
  • 女性は冷えや生理不順、肌トラブル
  • 動くのがおっくうになり運動が続かなくなる

ここでセルフチェック!「違和感や痛みがなくできるかな?」

椅子に座ってチェック

  • □ 正面に向けたまま、首を真横に向けられる
  • □ 正面を向いたまま、真上が見られる
  • □ 座ったまま、真後ろのものが取れる
  • □ 正面を向いたまま、上に伸ばした両手で頭が挟める
  • □ 正面を向いたまま上体を動かさずに左右交互に足を反対の太ももに足をかけられる
  • □ 目を閉じて足踏みを10回後、つま先の位置が正面を向いている
  • □ かかとをつけたまま、こぶし1個分つま先をあげられる
  • □ つま先をつけたまま、こぶし1個分かかとをあげられる

立ってチェック

  • □ ヒザを伸ばしたまま、頭を動かさずに片足を地面から3秒浮かせられる。左右ともに
  • □ 足を肩幅より少し広めに開き、つま先を外側に向けて立つ。そのまましゃがんで両手の平を床につけてから立ち上がれる
  • □ 両手を真横に開き片足を後ろに上げ、上体を45度に傾けられる。左右ともに

機能的な身体を取り戻すと

  • 身体のバランスが整い姿勢のゆがみが改善
  • 関節や筋肉へかかる負担が軽減されケガを予防
  • 全身の血流やリンパの流れがよくなり肩こりや腰痛を予防
  • 体幹を使った効率のよい動作が行える
  • 動作に必要な筋肉が使われおなか回りやお尻などが引き締まりシェイプアップ効果
  • きれいに見える立ち居振る舞いができるようになる
  • 若々しく機敏な行動ができる 身体を効率的に使える

機能的な身体になるためには

体幹の安定・バランス力・運動連鎖、それぞれを目的とした筋肉を鍛え関節の動きをよくするトレーニングを習慣にすること!
今後は気軽に取り組めるトレーニングを続々と紹介しますので、ご期待ください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました